水月日記水月によるpop'n musicの日記(違

* PROFILE

* WHAT'S NEW?

* CATEGORY

* COMMENT

* TRACKBACK

* LINK

* RESET

*スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |  |  | PAGETOP↑
*水月的戦術論 ~中品から上品へのレベルアップ♪~
こんばんわ、水月です。
やることない日は戦術論に限るww(マテ

というか、先日のオフで意外と騎馬スキーな方が多かったのにびっくり。
まぁ騎馬ってかなりスキル入りますよね…
極論から言うと上手くなろうと思えば練習しかないような気はします…


で終わっちゃ戦術論も何もないww

てことで、自分なりに気をつけてる事を数点上げて行きたいと思います。
まぁ2稼動まで間もない事もあり、その時に役に立つかは分かりませんが(システムの変更点がイマイチまだ把握できてないんでw)、騎馬を使っていて悩んでいる方の参考になればな、と思いますw


なので、今回は騎馬について語っていきます。
戦術論というよりも技術論に近いかw
まぁ騎馬スキーで困ってる方は見ていってくださいw
その他の方に関しては見ても仕方ないかもしれませんw
前編騎馬について語ってるんでwww

とは言えへたれ1品の言う事なんで、参考になるかは分かりませんがww


それでは、見たい人だけ続きからどうぞw
見てくれた方、ありがとうございますw
ここを見てくれた方は騎馬スキーと認定させていただきます(何
自分が騎馬単を使っていることもあり、騎馬スキーは応援したいので、自分の知ってる限りの事は書いていきたいと思います。
参考にしていただけるようなら光栄です。

騎馬単を使いたいんだけどどうしていいか分からない、と言う方。
基本~応用まで自分がアドバイスできる程度の事でしたらお教えしますw
分からないことがあったらとりあえず聞いてみてくださいw
覇王にはなれてませんが、一応1品の上にはいますし、ある程度最前線で使われる事は把握してるつもりですんでww

騎馬単使ってるから覗いてみた、と言う方。
一緒に騎馬単盛り上げて行きましょうw
R周瑜や董卓2反計、STOに負けてたまるか~ww


前振り長くなってしまいましたw
ということで早速始めて行きたいと思います。



まず騎馬を使う上で必要(重要)なスキルから。
これに関してはほとんど紹介入らないと思いますけれど、基本をマスターすることが一番大事って事で、順に上げていきます。
①突撃
②連突
③壁突撃
④自城内突撃
⑤自城内乱戦
前提として騎馬の動かせ方が確立されている事が上げられますが、今回は序章として自分の騎馬の動かし方を書いていきましょう。
でもって最後は槍への対処法…かな?
そんな感じで進めて行きたいと思います。
ネタ継続の為に2~3回位に分けようかな…ww


~序章~
騎馬の動かし方について

意外と知られていないのが
「騎馬を動かす時カードをどうやって扱っていますか?」
ということ。
自分も始めは悩みましたw
騎馬単を使っている覇王って意外と少ないし、騎馬単になってくると大抵5枚前後の枚数になる。
「5枚騎馬なんて一度にアツカエネーヨww」
って感じですもんねw

そこで5枚騎馬の場合、右に3枚・左に2枚と分けて集団運用してみましょう。
始めの内は色々動かしてオーラを纏えればそれだけでなんとなく動かしてる気になれますww
試しに自城前で左右に騎馬5枚を動かしてみてください。
カードを
戦術論1

こんな感じで並べてみて、AとBのカードを左手、C~Eのカードを右手で扱います。
AとBを自城右側に向かって動かし、C~Eを自城左側に向かって右手と左手が交差するように動かしていくと…

正直無理ですよねw
右手と左手が完全に交差しちゃうと肩が痛いです(何

そこで自城右側にA・Bを動かし、左側にC~Eを動かして画面上でカードが移動してる間に右手と左手を入れ替え、左手でC~E、右手でA・Bを動かすわけです。
逆に交差させたい場合はこれと逆のことを行えばいいだけ。
これをいつでも行えるようにすれば案外スムーズに動かせていると思います。
相手からすれば
「うわ、何こいつ。騎馬の動きがスムーズ過ぎww」
ってなる訳ですねw

これがまず第一の基本となります。

ここで一点気をつけたいのが、どの武将がどの位置にあるか把握する、ということ。
自分もよくやるんですが、○○が撤退した時に××を城内に下げてしまい
「ぁ、カード違うやんorz」
となることがありますww

こうなると折角戦力になる武将が自城のほうに戻っていき、ラインを押し下げることになったり、撤退した武将は自城に戻さない限りカウントが始まらない為復活が遅れたりといい事がありませんww
Aにどの武将を置いて…みたいな感じで武将ごとの定位置を決めちゃうと分かりやすいかもしれませんねww


いついかなる時も右手で扱っているカードと左手で扱ってるカードのスイッチが出来るようになり、かつどの武将を動かしているのか把握できるようになると第一段階クリアって所でしょうか?

後、自軍or敵軍撤退や攻城、計略使用等のカットインは騎馬使いにとっては心休まる時ではありませんw
意外とカットインの間に何もやってない人とか多いですけど、見える範囲で相手の位置を確認したり、カードを動かしたりとか出来ることは多くあります。
騎馬にとっては迎撃を取られた瞬間大抵プランが崩れたりしますし、細かいことですがかなり有効に時間を使えますよ?w
「あー、計略使われた~orz」
とか思うだけではなく、その短い時間で何が出来るか、というのを考えるのもスキルアップへの道だと思います。

騎馬は絶えず動いていないと役に立たない兵種です。
武力の高い騎馬はそれなりに乱戦も強いですが、やはり騎馬の真骨頂は突撃が出来ること。
従って放置できる状況というものが非常に少ないです。
置いていれば弓を打ってくれる弓とは違い、使い手を選ぶ兵種だと思います。

…まぁ弓を使ってみれば分かりますが、サーチ変え等が必要ですし、弓が万人に向いてるとかは口が裂けても言えませんがww

突撃出来ない騎馬は騎馬にあらず。
これが自分の持論です。
従って基本突撃を狙えるような動かし方になってきます。
ここで序章から「①突撃」への流れになりますね。


①突撃
これぞまさに騎馬の真骨頂。
騎馬の突撃は相手の武力に関係なく一定以上のダメージを与えられます。
騎馬の基本にして最も重要なスキルですね。

バージョンアップ後にオーラを纏えるようになる助走距離が伸びましたが、この助走距離の体感ってのが非常に重要です。
効率よく相手部隊にダメージを与える為には
「相手部隊に騎馬が戻っていく際にオーラが出る」
この距離を覚えることが重要だと思います。

自分も含めて
「動かしたけどオーラが出なかったorz」
だと、単純に武力差の乱戦ダメージしか与えられず、攻めそこなったとか守りきれなかった、という事も度々あると思います。
それだけに助走距離を把握することはかなり重要なファクターとも言えるでしょう。

また、時には攻城を貰ってでも突撃を繰り返し相手にダメージを与えることが勝利へと繋がることもあります。
騎馬の攻城力は他兵種に比べれば微々たる物ですが、自分の扱う手駒の数が減ることの方が痛い場合もある、ということです。
具体的にどんな状況か?って言うと

1.武力の低い部隊しか残っておらず、相手の主力が張りつきマウントを取られた場合
この場合、城内乱戦を使ったとしても相手のマウントで徐々に兵力を減らされます。
従って城内突撃を駆使しながら少しでも相手を妨害し、主力の復活を待たざるを得ないでしょう。
主力がもうすぐ復活する、という状況であれば乱戦で相手の攻城を食い止めることも視野に入れなければならない為、判断が案外難しかったりしますww

2.高武力の主力1体だけが残り、相手がほぼ全軍で攻勢に来た場合
武力の高い騎馬の突撃は、相手の高武力にとってもかなり致命的になります。
例えば自分のデッキの場合、兵力満タンの典韋が城門に張り付いたとしても武力9の馬超の突撃を駆使できれば
突撃2回→乱戦で仕留める
といったことが可能です。

3.移動力増加の計略使用時
これは上記2つとは違い、守りの場合に限らず攻めの場合にも言えることです。
代表的なところで言えば白銀の獅子・全軍突撃・小覇王の進撃などですかね。
白銀の獅子の威力は皆さんご存知でしょう。
突撃かけるだけで相手の兵力の8割近くを奪い去って行きますw
それ故にそんな状態で乱戦するのはもったいないですよね?w
全軍突撃も同じ。
白銀の獅子は武力+5な為、多少乱戦に持ち込んでも耐えれますが、全軍突撃にいたっては高々武力+2。
乱戦に持ち込んではその計略を生かすことが出来ません。
こういった場合は積極的に突撃を狙うべきでしょう。
小覇王の進撃は…乱戦に持ち込んでもある程度はアリだと思います。
ただ、効果時間が短くその後退却と言う性質を考えればやはり突撃を繰り返すことで効率的に相手を撤退させることが必要になってくると思います。

後は白馬陣・飛天の舞・神速号令なんかもそうですね。
折角移動速度が上がって突撃しやすくなってることですし、そういうときこそ積極的に突撃を狙っていくことが重要です。


これテストに出るんで要注意ですよ?ww(何


他にも様々な場合が上げられるでしょうが、とりあえず思いつくのがこのくらいなんで勘弁してくださいw

双方突撃状態ではない場合、突撃側の騎馬が受けるダメージはほとんど皆無といってもいいので、積極的に突撃を狙えるようにしましょう。
ピンチの時こそ突撃。
騎馬としてその能力を最大限発揮することが劣勢を覆す鍵となります。


…まぁ例外として乱戦の方が早く片付くこともありますけどねw
兵力ミリの相手に対してわざわざ突撃を仕掛ける必要は無いですしw
乱戦がいいのか、突撃をかけた方がいいのか、の見極めは重要です。


②連突
正式には連続突撃ですね。
使われ方としては
1.騎馬単騎によって数回突撃すること
2.複数の騎馬部隊によって集団突撃すること
と二つ上げられると思います。
厳密に言えば2はちょっと違ったりするんですが、まぁその辺は割愛でw

騎馬の突撃ダメージとは恐ろしいもので、相手がオーラを纏っていない状態の場合、相手の兵力を最大100とすると、例え武力1の騎馬が突撃したとしても12のダメージを相手に与えることが出来ます。
ちなみに武力9の場合の突撃ボーナスは21。
5体騎馬の集団突撃が嵌れば、相手武将を一気に壊滅寸前まで追い込むことが可能となります。

従って、可能な限り集団で相手に突撃することがスキルとして要求されます。
いかにオーラの出ない相手に集団で突撃をかけることが出来るか…
いかに効率よくダメージを与えることが出来るか考える、って言うのは騎馬の命題でもありますねw

ちなみに相手も騎馬だった場合、オーラ状態の騎馬がぶつかり合った時のダメージは少ないですが、オーラを纏ってない状態で突撃をかけた場合のダメージは突撃ダメージが適用されます。
従ってvs騎馬の場合だと、いかにして相手のオーラを消した状態で突撃をかけるか、ということが重要になってきます。

そこで使われるのが柵や櫓だったりするんですが…
まぁその辺りは追々話していきましょうww


③壁突撃
一体を犠牲にして相手と乱戦状態にし、その間に他の騎馬による突撃を当てる。
主に対槍用のスキルです。
騎馬にとっては槍は天敵であり、オーラ状態だと迎撃を取られてしまうため、相手の槍を消す必要がある…
そこでこのスキルが必要となってきます。

一度乱戦状態に持ち込んでしまうと相手の槍は消える為、突撃し放題ですw
ただ、意外と深めの乱戦でないと槍が消えない為、最初の内はその感覚に慣れるまで大変かもしれません。
ただ、これを使えるようになると槍相手の戦いが格段に楽になります。

壁突撃を使うに当たって必要になるのが
「ビタ止まり」
これに尽きます。
これは相手槍の前で綺麗に突撃オーラを消して乱戦状態に持ち込み、後ろで控えている騎馬が連突をかける、というスキルですが、難易度が非常に高い。
始めの内は槍の手前で止まる、と言うよりも突撃オーラを槍の前で止めることから始めてみるといいと思います。

自分がやってるやり方としては
サブマップを見ながら相手の槍部隊の前でカードが止まる位置にカードを動かす。
この時相手の槍は迎撃を取りに前進してくるので、その位置も考えながら止まるところを探す。

んー…簡単に言ってますがほんとにこれだけですw
その位置を探すのが難しいんですけどねw

自分もまだ完全に出来てるわけじゃないですし…
騎馬は精進が必要ですwww

デキネーヨorz
と言う方の為には他の槍消し方法もあるんですが…
それは次の機会にしましょうw
小出しにしていかないとネタが無くなるしwww



と言ったところで長くなってしまった為に今日は終了ですw
次回は④の城内突撃からですね。
でぁ、今日はこんなところで~(´ー`)
スポンサーサイト
2006.04.18 | 戦術論 | CM(9) | TB(0) | PAGETOP↑

*COMMENT

>>「うわ、何こいつ。騎馬の動きがスムーズ過ぎww」
たまに騎馬単が相手の時にこういう人に出会うのですが、特別に体が柔らかいというわけではなかったのですね(ぇ


>>どの武将がどの位置にあるか把握する
水月さんの全突を見てて、これが凄かったのを覚えてます。
状況の判断といいましょうか、とにかく動きが凄く早くてビックリでしたw
私もあんな風になりたいなぁと思いました(^^



騎馬単に憧れる者としては、今回のような戦術論は嬉しいです!
また次回も楽しみにしてます(^^

( ゚∇゚)ノ先生~
テストは筆記ですか?
それても実技でしょうか?w
2006.04.19 | Posted by 晃 | URL | EDIT | PAGETOP↑
ベットの上野実技試験だそうです(下ネタ挨拶

騎馬を扱う上で重要な事もう一点。
それは自分が馬になりきる事!
「うっわ、やっべ。槍兵キタよ。痛そ~。よし、逃げるか」
こうしてビタ止まり&迅速なる転進を覚えるのです(嘘

雨道君といい水といい文章が長いよw
2006.04.19 | Posted by 負けDog | URL | EDIT | PAGETOP↑
へたれS5Q騎馬単使いですが、参考になることばかりです..._〆(゚▽゚*) メモメモ。
カード間違えは私も結構やります。帰らせなきゃいけないカードを特攻させることがしばしばです。まずは第一段階からクリアしないと・・・。
何回かに分けて騎馬講座をやってくださるということですから、楽しみにしてます!
2006.04.19 | Posted by 松本引越センター | URL | EDIT | PAGETOP↑
騎馬好きです(゜∀゜)
飛天とか結構使ってます(゜∀゜)
そして蒸発しますorz
騎馬は3体が限界ですね~(-ω-)
2体が一番うまく操作できますw
R呂布を使う時に初めて5体使いましたがはじめは大変でした(^-^;)
慣れて少し使えるようになりましたが、馬は一番ブランクに影響されますよね・・・。
個人的には二枚同時に操作している時、端っこにいる相手を連突するのがどうやっているか知りたいです(゜∀゜)
カードと場所の加減で片方しか突撃入らなかったり両方入れようとすると他がおろそかになるんですよね・・・。
あと、槍二体がワイパーしているところにはどう向かって行ったらいいでしょう先生!
試験勉強しておかなきゃ(´゚д゚`)
>>例え武力1の騎馬が突撃したとしても12のダメージを相手に与えることが出来ます。
>>騎馬の突撃は相手の武力に関係なく一定以上のダメージを与えられます。
そうなのですか?なんか激しく武力上がっている相手に突撃しても減らないのがあったような・・・(^-^;)一応減っていたのかな??う~ん・・・。
とにかくすごい参考になります!
2006.04.19 | Posted by ぴよっぷ~ | URL | EDIT | PAGETOP↑
初めまして、リダと申します。
前からちょくちょくとブログを拝見してたんですが、
今回の日記はものすごく興味があるものだったので、二回読み直すくらい食いついてしまいましたw

ものすごくためになります。
今まで手をクロスにしてやってたので、今回のブログによってその辺は解消できそうです。ありがとうございます。連突もかなり参考になりました。
今まで槍に刺さって止めることばかり考えていました。
昔はちゃんと寸止めでやってたのに…忘れたようです。w
今度は後編もやるみたいなので楽しみにしています。

前から、大阪のオフ会なども興味あったんですけどコメントするタイミングが…

これからも迷惑じゃなければちょくちょく遊びに来ますね。
2006.04.19 | Posted by リダ | URL | EDIT | PAGETOP↑
もっと教えて欲しいです。
水月さんの弱点とか~
2006.04.19 | Posted by 三国桜 | URL | EDIT | PAGETOP↑
晃さん>
判断早くする事で無駄な時間を少なく出来ますからねw
楽しみにしていただけると嬉しいです~♪
テストは…実技にしましょうかw
次回オフでってことでww

犬>
んな実技試験は担当してねぇww
長文なのはご愛嬌~♪
めんどくさくなったら短くなるさw

松本引越センター>
騎馬の道も一歩からです~(何
少しずつクリアできるようになると、大分上達すると思いますよ♪

ぴよっぷ~さん>
>個人的には二枚同時に操作している時、端っこにいる相手を連突するのがどうやっているか知りたいです(゜∀゜)
これは相手の場所にもよりますが…
まぁ第三回って事で軽く触れましょw
第二回書いちゃったしww

リダさん>
始めまして~♪
一番いいのは初志完徹さんとかがやってくれるといいんでしょうけどねww
自分も聞いてみたいしww
気兼ねなく色々コメントしてくださいw
その方が自分も嬉しいですしww

三国桜さん>
色仕掛けには非常に弱い気がします(何
まじめな話、やっぱり槍には弱いですよw
デッキ相性とかありますけど、日によって苦手なデッキが変わったりするのは仕様ですw
2006.04.19 | Posted by 水月 | URL | EDIT | PAGETOP↑
戦術論キタ━━(゚∀゚)━━!!
しかも騎馬の扱い方とは…!
勉強になることがいっぱいですw
騎馬単を使ってみたい、騎馬使いになりたい、って思ってるのですが難しくて…。騎馬5枚はやったことがありません。
でも読んでたら挑戦してみたくなりました~!!

カード間違えは、凄く多いですorz
まずそこから見なおさないとダメですね;

水月さんの戦術論を思いだしながら練習しようとおもいますww

次もかなり期待してます~www
2006.04.19 | Posted by 佐久間りお | URL | EDIT | PAGETOP↑
佐久間りおさん>
時間があればちょくちょくこういうの上げていくんで、参考になれば幸いです~♪



…所詮覇王に上がれないヘタレの言うことですがorz
2006.04.21 | Posted by 水月 | URL | EDIT | PAGETOP↑

*COMMENT POST

 
  *管理人にのみ表示
 

*TRACKBACK


 » FC2blogユーザー
Design by *butterfly effect | Photo by Lebellion |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。